長野旅行(またもや誕生日事件)

働きありside

旅行が好きな私たちはお互いの誕生日は旅行しようと2人で決めていた!

そして、今回はわたしの誕生日、、行き先は長野、、そう、私は天空の楽園に行ってみたかったのだ。

早速リクエストに応じてポジ男が宿泊先を選んでくれた。だが、旅行のプランは考えられないと放棄。

なので、私は自分の誕生日旅行を自分でプランニングした。(ちなみにポジ男の誕生日は俺を楽しませろと私にプランニングを全て一任していたにも関わらず 笑)

運転ももちろん私、、今回は長野まで1人で運転である。

1日目の誕生日前日、ポジ男行きたいところがあるとナビを入力。

なにかそわそわし、落ち着かないポジ男。いざ着いてみると駐車場で待っていてほしいと1人で行くポジ男。

お、これはポジ男がプランニングしてくれたのか!サプライズか!と期待高まる私。

しばらくすると満面の笑みで帰ってくるポジ男。安心したのかペラペラ喋り出すポジ男。

よくよく話を聞いてみると、私の誕生日プレゼントを買いに行っていたらしい。

ネットで購入や予約ができなくて、電話問い合わせをしたらあるが、取り置きができなくて売り切れるかもしれないと言われ、一か八かで買いにきたとのこと。プレゼントの中身は秘密とニコニコ嬉しそうなポジ男。

私は、ん?誕生日前日にあるかわからないものをしかも私の運転で買いにくる?と頭がはてなだらけの私。

いろいろ疑問はあったが、私の予定通り無事ラグーナテンボスへ。

ここがめちゃくちゃ穴場スポットだった。トリックアートをみて写真撮影をしたり、乗り物にも乗った。

冬だけど水のミニジェットコースターにのった。これがなかなか楽しくて意外と濡れた、、笑 

そして、なによりイルミネーションが綺麗だった。

平日だったこともあるのか綺麗なのに人が全くいなくてまるで貸切。すごく贅沢なひとときだった。

夜ご飯に鰻を食べた。おいしかった。

2日目、誕生日当日。誕生日の始まりは最悪なものだった。

行動を始める時間が遅いポジ男はランチも遅めである。

慣れない土地で遅い時間にランチ営業している口コミの良いポジ男好みの美味しそうなお店をみつけるのはとても難しい。

そう、ポジ男はとてもこだわりが強い。なにかを諦めて臨機応変に対応すればいいのにとつくづく思う。

ようやく見つけたお洒落なカフェ。

ポジ男は大好きな豚汁をみつけ、迷わず豚汁ランチを注文、私はキーマカレーのランチを注文。料理がでてきた。どうやら豚汁は赤味噌らしい。(ポジ男は赤味噌が苦手である。)

ポジ男ためらいながらもひとくち食べてみると、思ってた味と違ったらしく、すぐさま人のものを欲しがる。

終いには私のランチと交換しろと言い出す。なんとも強情な人だ。

今日は私の誕生日なのに、、他のものを注文すればいいのに、、嫌いなものは食べたくない、食べれないから仕方ないと言い張り譲らないので渋々交換。私のキーマカレー、、食べたかったな〜。

夕方ポジ男が予約してくれた宿へ。ここがとても素敵だった。

閑静で洗練された和を感じる宿、着いてすぐに能を披露する様な舞台があり、ウェルカムスイーツでお出迎え。

部屋に着くと和を感じる素敵なお部屋。メイクをしっかり直す様にポジ男に指示され、メイク直し。

夜ご飯は窓のある個室へ案内された。琴の音色が聞こえ窓を開けてみると、舞台で演奏する琴がみえる。

ご飯を食べながら堪能できるなんてとても贅沢ではないか。

もちろんご飯もとてもおいしかった。食べ終わると、ろうそくのついたケーキが、、とても嬉しかった。

そして、ポジ男からプレゼントが、、開けてみると私の欲しかったキーケースが、、

ポジ男は自分が一番という俺様気質。

その上見た目のわりにとても不器用なため、普段本当に何を考えているのか、私のことを大切に思っているのかわからなくてずっと不安だった。ちゃんとポジ男なりに私のことを考えてくれてるのだと嬉しくて思わず涙がでた、、

それぞれ温泉に入り(ポジ男はいつも通り長風呂)、色違いの浴衣を着た。

かわいかったのでたくさん記念撮影をした。

夜、星空を見に行こうとしたが、

2人ともお酒を飲んで気持ちよくなっていたため断念、、笑笑 

(あれ?星を見に長野に来たはずだが、、)

3日目、誕生日の記念撮影をしていただけるという事で舞台に座らせてもらって撮影。

めちゃくちゃ趣がある写真が撮れた!サービスのすごい仲居さん。

外でも撮影してくれるとのこと。

宿の看板の近くで1枚。なぜか看板に手を添え出すポジ男。これには仲居さんも苦笑い。

最後は私の車も含めて撮影。

ここでも私の車にも関わらず、さぞかし自分の車の様に手を添えてポーズを決めるポジ男。

今見返しても笑えてくる思い出の写真の誕生である。たくさんの写真と思い出を後に旅館を出発した。

帰り道お昼に大好物のローストビーフ丼を食べ、ずっと行ってみたかったチームラボへ。

幻想的な雰囲気でとても綺麗で感動した。

こうして3日間の運転を全て私が行い、無事ポジ男家に帰宅した。(翌日も私は5時起きである。)

いろいろあったが、今となっては全部笑い話。とても楽しかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました