はじめての大阪旅行(ボストンバック事件)

働きありside

ポジ男の出張終わりということで大阪で現地集合。

ポジ男が早めに仕事が終わったという事で予定よりも早く電車に乗ろうと大急ぎで準備。にも関わらず、なぜか着いたら待たされる働きあり。ポジ男迷子になってたらしい。(ポジ男は駅のホームや電車の乗り換えが異常なくらい不得意である)

無事合流。私はキャリーバック、ポジ男はかなり大きなボストンバックのため、観光する間ロッカーに荷物を預けることを提案するも、なぜかケチるポジ男。結局荷物は預けずに持ったまま王道の道頓堀デートへ。あまりの荷物の重さになぜか私のキャリーバックの上に乗せたり、腕が限界とか文句をいって結局ロッカーに預けることに。(ちなみにポジ男は普段からダンベルや懸垂などの筋トレをしていてかなりガタイはいい方。思わずこれは見た目だけの筋肉だなと内心思ってしまった。これを私はボストンバック事件と呼んでいる。以後、旅行は必ずキャリーバックにする様にお願いしている。)

串カツやたこ焼きやお好み焼き、、食べ歩きをたくさんしてパークスガーデンをふらりと散歩。

夜はハシゴ旅をしながらお酒を堪能。ポジ男がどうしても行きたいという「かくれあわび(レゲエの音楽等が良質なスピーカーで聴けるダンスホール)」へ。そのような所へ行ったことのない私は大音量に思わずびっくりしたが、とても心地のいい音楽と雰囲気で素敵なひとときだった。

その後、宿の予約してない私たちは空いている宿を探すためひたすらいろいろ歩いて(重すぎるボストンバックを持ちながら 笑 )ようやく空き宿を発見。歩き疲れで足が棒だった。

翌日、アメ村で軽く観光をした後、電車に無事乗車し、帰宅。

こうして初めての大阪旅行は終了した。

ポジ男side

昇進試験の為、大阪へ。

ここだけの話、スケジュール管理が苦手で昇進試験のことを忘れていた。さらに直前で大阪と知り観光もしたかったので、急遽翌日有給を使った。

続く、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました