夫婦で簿記3級受験

ポジ夫side

2023/2/26試験の1ヶ月前に妻が、受験の申し込みをしてきた。

以前からその日に妻が受ける事を知っていたので、聞き流ししていた。

話の流れでさらっと

妻「ポジ夫の分も申し込みしておいたから。」

私「え、。」

私はその試験を受けるつもりはなかった。

全く知識なく、勉強もしていなかったが、初めから2級を受けると妻に伝えていた。どうせ2級を取るのだから3級を取る必要性を感じていなかった。(お金がかかるくらいだし、、)

もちろん、3級の勉強はするつもりだった。

働きながら、子育てしながらの勉強なので、時間の確保が難しい。

実際の行ったスケジュールは、以下の通り。

試験1ヶ月前漫画や娯楽動画を見てばかりで、やる気が出ない。。

試験2週間前ダラダラとテキストを読み始めた。やる気が出ない。。

試験1.5週間前あれ、。テキスト全然読み終わらないぞ、、

試験1週間前テキストやっと読みオワタ

試験5日前妻から過去問集やった方が良いよ!(もっと早くに言ッテヨ)

試験2日前書斎にこもり集中。部屋が寒かったが、集中するためにホットカーペットで暖をとった。(頭寒足熱)

私は試験2日前から必死だったが、妻は余裕そうにほとんど勉強していなかった。もう大丈夫らしい。

試験前日→20時くらいに過去問1周終了。達成感ハンパナイ。ここだけの話、過去問のうち1回しか合格点に達していなかったので少し心配だった。

試験当日→ 会場は想像以上に広くて寒い🥶

既にみんな着席して最後の追い込みをしていた。

私の後ろに妻という席順だった。なんだかんだで一緒に勉強していなかったが、妻はずいぶん余裕とのこと。

勉強道具をたくさん持って行ったが、時間ギリギリだったので、1ページも開くことなく試験開始。

後ろから「カタカタかタタ」と聞いたことない電卓を叩く音が後ろから聞こえた。早すぎだろ。。

思わず笑ってしまった。あんなに早く打てる人いるのか。。

試験終了20分前には音が全くしないので終わっていたんだと思う。

その頃、私は、膀胱に暴行されていた。

自宅学習中に足を温めており、勉強中は、足を温めるものと体が勝手に認識していたせいもあり、頻尿発動。

トイレに行きたい、、、

試験終了。わからない問題もあったが、なんとかやり切った。ギリギリ合格するんじゃないかくらいの手ごたえ。

紙の試験なので、問題・答案用紙は回収された。

妻は自己採点したい気分でいっぱいの様だった。私は、もういいかなって感じだった。

試験が終わったらご褒美にラーメン食べ行こうと約束していたので、そのまま外食。

ラーメン屋まで少し距離はあるが、歩いて向かった。

歩きながら、試験問題のことで、討論したが、あまり話が噛み合わない。

あれ?違う問題なのか?なぐらいである。少し不安になったが、絶対大丈夫と思い込んだ。

久々に2人きりの外食は、いいもんだった。初めてそこのラーメンを食べたが、あっさりしていて美味かった。

さすが朝から営業しているだけある。

そんなこんなで時が経ち、結果発表。

直接会場に出向いた。一緒に行きたかったが、予定があるとのこと。

結果は、2人とも合格💮

合格ライン70点のところ私は、72点。とても危なかった笑笑

妻は、脅威の94点!

お互いに勉強して、試験を受ける。社会人になって初めての試みだったので、楽しかった。

思うことは同じのようで、次回も夫婦で受験する約束をした。

次は一緒に勉強してアウトプットしまくるぞー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました